スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

時間が余っているニート的に考えてもPlusは微妙という結論

去年の11月にPlayStation®Plusがリニューアルされて、サービスがよくなったというのを以前記事にしたことがある。

とりあえず11月から7月までに提供された※フリープレイのソフトの数を書くと(VITAとPSPの重複と多少の漏れは勘弁)
PS3は21本、Vitaは22本(ただしニコリのパズルが7本)、PSPは11本、PCエンジンは18本、ネオジオは9本、PS1アーカイブスは123本、サターンは1本

※フリープレイというのは一度DLしたらPlus加入期間中はいつでも遊べるというサービスです。アカウントに紐付けされているので一度消して再DLしても問題なく遊べるというもの。日本のPlusはフリープレイ以外のサービスが弱いので月額500円の遊び放題みたいなもんですか。


最初はたくさんソフトもらって嬉しいって気持ちでしたが、よく考えるとゲームなんて多少興味あったソフトか名の知れたタイトル以外やる気が起きないんですよね・・・特にPS1アーカイブス、ネオジオ、PCエンジンのソフトたくさん出されても困りますよね正直。

そして自分が不満なのは一番の目玉であるべきなPS3ソフトの質の低さ

21本配信とはいうもののパッケージでも出たのはサイレンNT(3300円)ゴッド・オブ・ウォー1,2HD(3000円)蒼の英雄(3600円)バトルファンタジア(1500円)ぐらいじゃないですかね。
他の配信されたDL専用タイトルを紹介しますと、みんにゃのパターゴルフ(600円)、バーチャファイター5FS(1500円)、ハウスオブザデッド3,4(各1000円)、ボンバーマンウルトラ(1000円)、マリシアス(800円)、レミングス(800円)、おいでよロコロコ(800円)、DATURA(1000円)、アフターバーナー クライマックス(900円)、ラチェット&クランク FUTURE外伝 海賊ダークウォーターの秘宝(1500円)、ゲットバス(1000円)、ミスターペイン(1000円)、無限回廊(1800円)、エレベーターアクション(1200円)。

まあやりたいソフトは人それぞれだとは思うんですが、これで満足出来る人は正直あまりいないと思います。

日本市場はHDゲームの競争が激しくないから、本当に大手サードの協力が得られるのか?と疑問に思ってましたが、案の定やっぱり無理っぽいなと・・・たまに出てくる目玉ソフトがSCE製のHDリマスターぐらいなんですよね。
もちろんVITA向けにはアンチャーテッドや無双などたくさん配信されてるので500円でこれだけ遊べて文句言う奴がアホという意見もあります。

でも自分が使った9ヶ月で4500円。一年で5000円のサービスもありますが、これだけのお金使うなら中古で「遊びたい」ゲームを結構な本数売り買いで回すことができますし、新品にしてもニートは時間余ってるので、即クリアから中古売りで1000円ぐらいの差額で遊ぶこともできますからね。

とりあえずしばらくは続けてみようと思うんですが、時間余りまくってるニート視点から見てそこまで良いサービスかはちょっと疑問ですね。
PS4はオンラインするのにPlus加入が必須になるらしいので、これと似たような内容で続けると少し不満が出てくると思います。
たかが月額500円、されど月額500円かもしれません。
スポンサーサイト

にほんブログ村 その他日記ブログ ニート日記へ

テーマ ダメ人間日記
ジャンル | 日記

コメントの投稿

非公開コメント

過去記事検索
訪問者数
カテゴリ
最近のコメント
お気に入りブログ
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。